熊本高専 合格し続ける明成塾4

熊本高専への合格をめざす方へ

そもそも、本当に合格したいのならですね。
合格しないと話になりません。
誰も 
野球少年に
「甲子園にでれないと話にならない」とは言いませんよね。
それは難易度が違いますからね。
余談ではありますが、
実は明成塾の塾生は、
甲子園に行ったお子さんが数名います。
もちろん、旅行じゃありませんよ。

熊本高専 どのようにすれば合格できるのか

やや抽象論で恐縮ですが、
ごく普通の公立高校の入試対策と
高専の過去問を徹底すること

しかし、多くの塾ではこれができていない
なぜでしょうか
答えは簡単です。
教える側が
自分自身の合格という視点で
入試をとらえていないからです。
先生と教える側
「頑張ったのに、残念だったね」とか
「君には夢があるか」とか
ふざけた話になるわけです。
残念なのは、生徒だけでなく
教える者自身もそうでないと話にならない。
「夢」
夢は、高専合格だろうが!
生徒の合格は、
教える者も闘いです。
のんきなことを言っていてもしょうがない。
昨年(H30年)は、
大手の塾から転塾してきてくれた
お子さんが合格
こんな小さな塾を
探してきてくれたことに感謝

ただ、一方では今年も
勉強する不合格者予備軍が
気づかずにいると思うと・・・



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です