熊本 第一高校に合格する5

第一高校への合格を目指す方へ 明成塾です

『私は、2年の時に入塾しました。
数学がとても苦手だった私は塾の授業で
気軽に質問できるので、少しずつ
点数が上がっていきました。また、
志望校が同じ友達もいて、
お互い高め合いながら勉強することが
できました。』 (第一高校合格 Hさん)

将来伸びる可能性よりも
今のばさないとほとんど合格はない

よくあるパタンが
かなりヤバイ状態になって
明成塾に来られるケースです

だいたい冷静に判断すれば
現状での合格可能性は
わかるはずです

これは中1だって同じ
『中2や中3になれば
気がついたら良くなっている』
こんな都合のいいことはまず起きません。

三者面談などで
学校の先生に聞けばいいわけです
また模試などでの判断でもいい

例えば、中学生のあなた
(あるいはお子さん)の通う大きな塾で
まわりに合格する可能性が高い生徒がいる
とします。
そのなかの一定数が合格するわけです。

合格できない生徒さんや保護者の方の多くは
知ってか知らずか合格から遠のくように
動くようになっています。

こういう例も時々あります。
小学から「お世話になっているので。」
と通い続けるパタン。

ハッキリいますね。
金を払って通っているのだから
教えるのは当たり前
世話でもなんでもありませんよ。

実は、このケースではお子さんが
通っている塾の先生のこと、
そこの塾の友達のことを考えて
やめられない例が多いです

「お世話」はうわべの言葉であり
本質は別のところにある 
よく言えば 日本人的なのかな
しかし、他の塾に移って志望校に合格する方が
あなたの人生にとって大切だと思うわけです

それで 前の塾の先生に
「私 合格しました!」と伝えて
「よかったね!」と
心から喜んでくれるなら
それが本物の先生なのです

もし、そうでないのなら
ただの従業員の方となりますよ。

ある塾でバイトの講師をしていた卒塾生が
信用してくれる生徒さんに
こっそりと そのバイトをやめるときに
「ここやめた方がいいよ」と
言ったと聞きいたこともあります。


ここまで読んでくれた人
ありがとうございます
明成塾で良ければ
いつでも相談下さい
定員12名で
学力を伸ばしていますよ

ご相談 → お問い合わせ(明成塾)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です