中3逆転合格 熊高 済々黌 第一 第二 高専2

志望校合格に向けて得点力を伸ばしたい方へ

すべてを冷静に、そして客観的にとらえると
中3の場合 ほとんど自明なことがあります
今ある程度 合格圏にいない生徒は
かなり厳しいということです

そもそも勉強しない生徒は問題外です
それは明成塾でも同じ
勉強しない者を上げるような方法は存在しません

明成塾が高い合格率が維持できているのは
勉強するお子さんが来てくれているからです
特に、最初から明成塾を選んだ生徒さんの場合
このことは当てはまります。

逆に渡り鳥みたいにいくつかの塾を移動する
お子さんには、
本人にも勉強しない点があるようにも思えます。
明成塾ではあまりお会いしないタイプですが。

さて逆転するにはどうすれば良いのか
すこし自分で考えてみて下さい。

早速ですが、その答えは、
今君より上位にいる者に勝てばいいのです。

そのためには、その相手と同じことを同じだけやってはいけません。
結果はすでにわかっています。

相手と同じことはするな!
これです。
一昨年もそうですが、
中2や中3で、他の塾から明成塾に転塾してきた生徒さんは
明成塾の考えが
勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!
それオンリーでびっくりしたかも知れません。
入塾してくれた以上、勝たないといけない
もちろん、最後の勝負はわからないが、
明成塾への転塾は、いわゆる進学塾からがほとんどなので
勝たないと、結局は前の塾と変わらないということになる
それでは、何のために教室の半分ほどの人数を
定員にして合格に向かっていく意味がなくなる

このように書くと、何か「熱血」みたいな印象かも
知れませんが、そうではなくむしろ冷静に
分析してどうすれば合格につながるのか
プロとして作戦を立てていきます。

このような逆転劇、逆転合格、下剋上的な成績アップは
中3よりも中2、中2よりも中1のほうが
より効果が出やすい。

本当に、勝ちたい、本当に成績を上げたい
そんな生徒をお待ちしています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です