極める高校数学 あの日々

高校での数学の勉強はうまくいっていますか

2週間ほど前も
そしてついこの前も
高校数学についてのご相談めいた話があった

今年から高校生の数学もやっているが
これは思いつきでもなんでもない

そもそも高校生の数学についても
明成塾は、他に先駆けている
もっとも、当時でも1,2カ所は
高校生を指導しているところもあっただろう
あまり、この「指導」という言葉は
好きではないが使わせていただく

しかし、少人数で学ぶところは
30年前は皆無だったように思う

ほぼ開塾時期から
高校生を指導していて
とてもおもしろかった

万一、当時の卒塾生の方が
このHPを見ていたら
連絡でもくれればと思う

いろんな高校生が
遠いところから来てくれた
こんな、小さな塾に
当時はネットなどなかったので
ほぼ全員が 紹介の輪でつながっていた

時の経過は実に速い
高校生の授業といって
動画を見るパタンのものもでてきた
如何にもすごいぞ的な塾もでてきた

しかし、明成塾はつねにマイペース
卒塾生のなかには数学教師もいるし
その多くは理科系で技術者であり
何をやっているのかすら理解しえない
これは面白いことじゃないだろうか

最近、といっても数年前
教えた生徒で公立高校で
数学を教えている者もいる
かなり数学ができるちょっと変わり者ぽかった
部活後に 自転車で来てた
雨の日は雨合羽をきて
白川中出身の友達は遠方から来てくれていた

最近では、要望があるときに開講している
高3からの要望があったが
今年は、時間の関係で基本的に1年を対象としている
すすみ方は、ごく普通に、数1から数Aという流れ
一部高校がついこの前から教科書の意図を
無視した進め方をしているけれど
それに合わせてはいない

週2回の構成は (時間は休憩も含む)
1日 テスト  テストについての考察と反省 90分
2日 授業   150分 
基本的に楽しくやっている

他の教科もそうだが、
実際に手を動かして問題を解く
ただ、それだけだ。

おおっ この塾は凄い・・・
そんなことよりも、自分が向上していくかどうかだ

そもそも指導者というか先生みたいな者が
ポーズをとっている段階で
引いてしまうのは 俺Zだけだろうか

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です