熊本の塾 明成塾の夏期講習2019 中3

熊本の塾 明成塾の夏期講習 一つの分岐点

例えば一昨年
中2で転塾してきたお子さん(藤園中)は
今春第一高校に合格
一昨年中3で転塾してきたお子さん(藤園中)は
昨年春熊本高専に合格
同時期に入塾したお子さん(西山中)は
熊本高専に合格
同時期に入塾したお子さん(西山中)は
第一高校に合格

一方では
夏期の時点で話を聞きに来られた生徒さんで 某大手塾に行かれた女のお子さんが
結果的に第一高校に不合格になっている

ここで読み取れることは
明成塾で高専合格を勝ちとったお子さんが見切りをつけてやめてきたその某大手塾を
その女のお子さんは選択されたということ

自分にとって何が有利なのか

すこし前にさかのぼるが
7月に これもまた別の塾に通っているお子さんが面談に来られたことがある
印象に残っているのは
彼が通っている塾の方が明成塾よりも
かなり授業が進んでいると
自慢げだった点である

しかし志望校である済々黌には
不合格だったと聞いている
見つけてこられたお母さんとは
対照的で 言葉は厳しいが
彼はその時通っている伸びない塾の
信者のようだった

明成塾の夏期講習で中3の君がやること
一言で言えば苦手をなくすこと

単に解けるだけではなく
より速くとけるようにすること

単に暗記できているだけではなく
問題を読取り
それを分析して
短時間に正解が書けるようにすること

授業時間以外も
自習等を活用し
志望高校に応じた達成を日々続けること

分からない部分は質問し
納得いくようにしていくこと

共通テストも大事だが
それにこだわりすぎず
中2までの範囲の入試問題を
解けるようにするという視点で臨むこと

志望高校への現在の合格可能性を
しっかりとうけとめ
どうすれば合格できるのかを
客観的に意識すること

明成塾の思い
明成塾は
合格を目指す方のみを迎えます

そのような方は
席に限りがありますので
お早めにご連絡下さい

電話096-355-3089

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です