夏期講習2019 熊本の中学3年生 毎日の伸びを作れ!

毎日の伸びを目に見えるように変える

おそらく、私がこのホームページで書いていることも
聞く耳をもたない人には何も伝わらないのだろう
どんなに 例えば高専に30年合格している
と言っても
今春は熊高 済々黌は100%合格した
と言っても
西山中で50番台から一桁になった
と言っても
90番台から5位になった生徒もいる
そう言っても
何を言っても
伝わらない人には
全く伝わらないだろう
そうやって学力を伸ばした生徒には
転塾生が多いと言っても
事実を言っても伝わらない人もいるだろう
まあ それは それで仕方がない



渡り鳥を続けてはいけない


ハッキリ言えば
親も子も合格を勝ちとりたいのなら
合格できる塾かどうかが最大のポイントだろうが
「やれ、こどもに合うかどうかだの」
言ったりする人もいるけれど
だいたいそういう人は
転々と塾を渡っていく人に多いように思う
勉強しない子どもには
勉強しないといけない塾は合わないということになる
そこには「合格」以上に何か別のものを
優先しているからだ
そしてそれはすでに本気で勉強しないように
プログラムされているみたいなものではないか

そうではないお子さん、特に中3なら
寸暇を惜しんで達成量を増やす
これにつきる だから私は
無理してでも毎日達成量を増やせと言っている
私は 点のとり方 合格への接近
それを耳にタコができるくらい
伝授している
繰り返すが
それを本気でやるだけである
勝つためには
勝つための行動をとらなければならない

それは入試で
熊高なら200
済々黌なら190
第一なら170
と言った点をとるような行動である
そしてそのためには毎日の今後の
達成が誰が見ても
あきらかになるようにする必要がある
つまり これだけできるようになったのだから
合格して当然だろうとだれもが思えるほどに

親もブレていては話にならない
今 熊高 済々黌 第一高の生徒さんも
教えているが

彼らの保護者の方 
そしてお子さん
明成塾が
合格という着地点まで
意識を共有して進んできた


子ども 親のどちらかに
ブレがあっては合格は難しくなる

案外目の見えていない親がぶれる
ことも多いのではないか
それは不合格をつくる親のパタンのひとつ

長くやっているとそういった
パタンも経験した

明成塾が合格指導という点において
ブレることは絶対にない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です