夏期講習 熊本の塾 いまから学力を伸ばしたい中年生へ

西山中 三和中 今学年50位なら二学期はじめの実力テストで10位を狙え

少し前になるが三和中のSさんは
30番台から学年2位まで伸ばした

その勉強ぶりは今も鮮明に心に残っている
明成塾は 成績を上げる方法を伝授する

この方法を実行する者は
必ず大幅に順位があがる

どの中学でもよいが
三和中のMさんは70番台から
学年一桁まで短期に伸びた

ここでは 宿題がどれだけとか言った
そのような尺度はそれほど重要ではない

どれだけあがるかだけだ
そもそも 学習内容は言うまでもなく
成績をあげる方法 順位をとる方法を伝授している

明成塾は勉強する人の塾

勉強しない者とは無縁の塾だが
勉強する者は見違えるほど伸ばす

すこし前だが ある中学で
学年 真ん中よりやや上のお子さんが
「良いと聞いていたんで・・」という保護者の方と
済々黌高校を志望するといって来られたことがある
その中学では 上位10名ほどが済々黌の合格圏

私は すぐにでも行動しないとムリだと事実を話した
結局 その少年は来なかった
学生のバイトのあたりさわりのない接客塾に行ったと聞く

志望校も口では何とでも言えるが
本気なら本気で立ち向かわないと
大幅な成績アップなどない
つまり 彼は本気の指導に向かないタイプだったと言える

夏期講習前の面談 あるお父さんのお話

「子どもを
どこかの塾にやるとしても
やればできますよ 
といったスローガンばかりの塾には
絶対にやらない」
とあるお父さんが面談時に
厳しい顔で言われたことがある

「ここは違うのか」とまでは
言われなかったが
その鋭い眼光と間合いには
とても冷ややかな空気が流れた

私が黙っていると

「金も時間も無駄
金がもし無料でも
かけがえのない時間は取り戻せない」
と付け加えられた

そのお父さんは明成塾に来る前に
他の塾もいくつか見てこられていた

その一つについて言われた
「まるで学校のように座っているだけで
分からないところも聞けない
あれじゃね~
わからんであそこに通わせようとした。
子どもには悪かったと思う。」

「ここでも、方針にそって勉強しないと
あがりませんよ」
と私が言うと

「そりゃ そうだろう」と
少し微笑まれた

「合格を目指して進みましょう」と
私が言うと
「まあぁ そんな言葉より上がるかどうかです
ひとつ宜しくお願いします。」


夏 本気で伸ばしたい場合には 
徹底した日々の達成が必要となる

本当に成績を伸ばしたい人に
明成塾は本気で答えます

なお 講習途中からの参加もご相談下さい
一昨年 途中からの転塾がありました
また 中体連の関係で途中からの入塾がありました

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です