小学時の学習の大切さ3

お子様に 熊高 済々黌 第一 第二 高専への学力を

小学6年生のお子様の保護者様へ
お子様の学習はうまくいっていますか

中学にむけて
小学時の学習内容の基本を固めておく
それは今やっておくべきこと
小学の内容について
苦手をつくらない
そう言ってもいいかもしれません

小6のお子様の保護者様へのお話を
今回はさせて頂きます
「お子さんに将来進んでほしい高校は?」
こんな質問をしても
「まだ考えていない・・」
という方が多いかもしれません

明成塾は学年10名ほどを定員として
将来、熊高 済々黌 それに高専や第一 第二に
行ける学力を育成しています

志望高校の不合格もあまりでませんが
それは比較的早期に当塾の学習方法に
お子様が触れることによって
学力を動かせる自信がつくためだと考えています
(→明成塾の合格力「塾生 保護者様の声」
ところで学力を伸ばすために最も必要なことは
なんでしょうか
目的?競争心?
たしかにそういったものもあった方がいい
しかし ずっと教えてきて感じることは
まず最初の伸び、それ自体です
そして
わからない点を作らない 
わからない点をなくす
この作業自体に
あまり力をつかわないでいいように
しておくことです。

小6で志望高校なんて考えていなくても
いいわけです(もちろんあってもいい)
まあ 学力的に「できる」に
しておけば、おのずと
進路は自在に選べるようになります。

小学とか中学とか高校とか
区別はあるのですが
学習内容は積み重ねなので
先手必勝ということがある程度
あてはまります

英語のリスニング 会話 筆記
数学につながる点を重視した算数
理社の文章題への対応
瞬発力をみる一問一答など

明成塾では問題の解き方ばかりではなく
さまざまな学習技術も伝授しています

小6のお子様はこれからは小学の復習と
中学の準備が大切な時期になります

中学でお子様に上位をとってほしい
そうお考えの保護者様は
ぜひご相談下さいませ

 

ご相談先 → お問合せ(明成塾)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です